宅建の資格合格を目指すコツ|将来に有利な仕事

不動産の専門知識を学ぶ

男の人

宅建は、不動産取引の仕事に携わる際には必ず持っていなくてはならない資格です。物件の売買や賃貸借を仲介する場合、宅建の有資格者でなければ行えない業務というものがあります。また、宅建は不動産全般に係る専門知識の持ち主であることから、有資格者は金融機関の担保審査部門、チェーン店の運営本部、一般企業の管財部門などにおいても歓迎されます。こうした応用範囲の広さから宅建は非常に人気の高い資格となっており、国家試験には毎年20万人もの受験者があると言われています。人気の高さゆえ、書店には受験対策用の問題集や参考書が数多く並んでいます。また、法律系の専門学校や資格関連スクールの中にも、受験対策講座を設けているところがたくさんあります。資格取得のためにどのような学習方法を選ぶかについては、当然ながら個人の自由です。ただ、学習そのものはもとより、関連するさまざまな情報を得るための手段としては、専門学校やスクールで学ぶのが有利です。こうした専門教育機関には、受験に関する情報がたくさん集まります。最近の出題傾向や効果的な予習・復習法など、独習だけでは得られないさまざまな受験対策上のヒントが伝授されます。また、講師は基本的に宅建の資格所有者であり、つまりかつて自ら受験勉強をした人たちです。合格体験者のナマの声を聞くことができるというのも、通学制の講座ならではのメリットです。そして何より重要なのは、カリキュラムがあらかじめ決められていることです。これは当たり前のことのように思われがちですが、独習の場合はどの分野からどういう順序で学習を進めていくかは、一切を自己流で取り組まなければなりません。しかし専門学校やスクールなら、最も効率的だとプロが認めるスケジュールに従って学習を進めることができます。

保育園

特例制度で幼稚園の先生へ

現在、国の特例制度を利用することで、保育士の有資格者は、有利な条件で幼稚園教諭の資格を手にすることができます。保育士として3年以上勤務実績がある人は、8単位の習得で幼稚園教諭の資格が得られるのです。単位の取得は、全国の大学や放送大学の受講で可能です。

男の人

資格を取得してアピール

ビジネス資格には経理やコンサル、PC系のものまで様々です。取る事でその後の人生がどうなるのかをきちんと考えてから取得すればきっと役に立つ時が来るでしょう。実用的でメリットがある資格を見極めて選びましょう。

ウーマン

学校に通う事のメリット

管理職としてマネジメントの資格を取得したいけど、なかなか時間が取れないと言う社会人の方が多くいます。最近では、学校の多くが夜間の授業に対応していることが多いです。また、立地も非常に良いのでアクセスの面でも心配することはありません。